読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

macOS で Python プログラム開発環境を構築して Raspberry Pi で実行する

概要

macOSPython プログラムの開発環境を構築します。 macOS で作成したプログラムを Raspberry Pi で実行できる様にします。 前回の記事の続きです。

確認環境

参考情報

前回の記事

nosix.hatenablog.com

解説

Python3 環境を構築する

HomeBrew が導入されていなければ導入する。 HomeBrew は macOS においてソフトウェアパッケージを管理するツール。 ソフトウェアパッケージのインストール、アンインストール、アップグレードなどを行うことができる。

mac:~ nosix$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

brew コマンドを使用して Python3, virtualenv をインストール。 pip は Python パッケージを管理するツール。 Python プログラムで使用できる便利な機能 (ライブラリ) をインストールするために使用する。 virtualenv は仮想環境(実験室)を作成するツール。 Python バージョンやライブラリの組み合わせを切り替えることが容易になる。

mac:~ nosix$ brew install python3
mac:~ nosix$ pip3 install virtualenv

pip を使用した際に新しいバージョンの通知がある場合は、指示に従ってアップグレードする。

You are using pip version 8.1.2, however version 9.0.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.
mac:~ nosix$ pip3 install --upgrade pip

Python3 用の virtualenv (仮想環境) を作成する。 作成後に --version オプションを指定して python コマンドを実行し、バージョンを確認する。

mac:~ nosix$ mkdir ~/pyenv
mac:~ nosix$ virtualenv -p python3 ~/pyenv/python3
mac:~ nosix$ source ~/pyenv/python3/bin/activate
(python3) mac:~ nosix$ 
(python3) mac:~ nosix$ python --version
Python 3.5.2

PyCharm を導入する

PyCharm Community をダウンロードし、インストール。 もしくは、IntelliJ IDEA など JetBarins 製 IDE を使用しているならば、Python Community Edition プラグインをインストール。 以降の画面例は IntelliJ IDEA に Python Community Edition プラグインをインストールしたもの。 なお、有償版を使うと他のコンピューターで動作している Python プログラムをデバッガで監視できるらしい。

以下はプラグインのインストール。Preferences... から

Python プログラムを作る

PyCharm (もしくは、IntelliJ IDEA + Plugin) を使用して Python プログラムを作る。

仮想環境を指定してプロジェクトを作成する。仮想環境を指定するにあたって、PyCharm に作成済みの仮想環境を登録する。

PyCharm に作成済みの仮想環境を登録。~/pyenv/python3/bin/python を選択することで登録される。

登録した仮想環境を選択。

プロジェクト名はお好みで。

Python プログラムを作成して、実行する。

hello.py

from time import sleep

while True:
    print("Hello")
    sleep(1)

Raspberry Pi で実行する

前回、pidep コマンドを作成して Raspberry Pi にログインせずに macOS から実行できる環境を作った。 pidep コマンドを PyCharm で実行できる様にする。

Preferences... を開き Tools > External Tools と移動。

pidep コマンドを使って hello.py を Raspberry Pi で実行する。

再ログインした際に pidep コマンドを実行すると以下のエラーとなることがある。

Permission denied, please try again.
Permission denied, please try again.
Permission denied (publickey,password).
lost connection

このような場合には Terminal で ssh-add コマンドを実行して認証を済ませておく。