読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

libGDX ロギング

概要

libGDX のロギング機能の使い方です。Android/iOS アプリで動作確認をしています。

確認環境

  • OS X El Capitan (10.11.6)
  • Xcode 8.0
  • Android Studio 2.2.2
    • Multi-OS Engine Plugin 1.2.1
    • Kotlin 1.0.4
    • buildToolVersion 25.0.0
    • compileSdkVersion 24
  • libGDX 1.9.5-SNAPSHOT

参考情報

解説

libGDX のログレベルは 3 段階。

  • ERROR
  • INFO
  • DEBUG

各ログレベルに対応したログ出力を行うメソッドが存在する。

  • ERROR : Gdx.app.error
  • INFO : Gdx.app.log
  • DEBUG: Gdx.app.debug

logLevel プロパティにより出力するログレベルを変更することができる。 実行環境によってデフォルトのログレベルが異なっている。 (logLevel を設定せずに実行すると Android/iOS で出力結果が異なる。)

使用例。

import com.badlogic.gdx.Application
import com.badlogic.gdx.ApplicationAdapter
import com.badlogic.gdx.Gdx

class MyGdxGame : ApplicationAdapter() {

    override fun create() {
        Gdx.app.logLevel = Application.LOG_DEBUG
        Gdx.app.debug("MyTag", "Debug level message")
        Gdx.app.log("MyTag", "Info level message")
        Gdx.app.error("MyTag", "Error level message")

        Gdx.app.logLevel = Application.LOG_ERROR
        Gdx.app.debug("MyTag", "Debug level message") // 出力されない
        Gdx.app.log("MyTag", "Info level message") // 出力されない
        Gdx.app.error("MyTag", "Error level message")
    }
}

ios-moe の出力結果。

MyTag 3 Debug level message
MyTag 4 Info level message
MyTag 6 Error level message
MyTag 6 Error level message

android の出力結果。logcat に出力される。

D/MyTag: Debug level message
I/MyTag: Info level message
E/MyTag: Error level message
E/MyTag: Error level message